症状と鍼灸治療効果:リスタ・コンディショニング・ルーム
はり
トップ
コンディショニング
不妊症
心療鍼灸
痛みの鍼灸
受付からの流れ
スタッフ
曜日と時間
コースと費用
ルーム施設のご案内
所在地
予約申込方法
Q&A
症状と治療効果
パーソナルセラピスト  コンディショニングのコンセプトは

「パーソナルセラピスト」-あなたのための治療者

  「問診とCMI」-確かな診断力
      
   「治療とケア」-症状解消のためのアプローチ

コンディショニング・トップ 症状と治療効果 コンディショニング方法

はり・きゅう治療は様々な疾患に対して効果が証明されてきております。

はり・きゅう治療の適応<WHO(世界保健機構)>
NIH(米国 国立衛生研究所)の見解としてはり・きゅう治療の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について有効であると発表をしました。
WHO(世界保健機関)ではり・きゅう治療の有効性を認めた病気には、次のものが挙げられています。

【神経系疾患】
・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・頭痛・めまい・自律神経失調症・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
・関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
・心臓神経症・動脈硬化・高血圧症・低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
・気管支炎・喘息・風邪及び予防

【消化器系疾患】
・胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝炎・肝機能障害・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分泌系疾患】
・バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
・更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・不妊症・乳腺炎・血の道・白帯下

【耳鼻咽頭科系疾患】
・中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
・眼精疲労・疲れメ・かすみ目・仮性近視・結膜炎・ものもらい

【小児科疾患】
・小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善


「はり」のメカニズムと効果
1.生体防御反応の効果
「はり」を刺入することで免疫力などの生体防御反応を引き起こします。

2、血流改善
筋肉に「はり」をすることによって、コリの緩和と血流が改善します。

3、人の持つ生理反応によって内蔵機能調整
身体のある部分の筋肉を刺激して内蔵機能を調えます。

4、自律神経の調節
・皮膚や皮下組織を刺激して、副交感神経を揺り動かすことで自然治癒力を引き出し
 ます。
・仰向けで寝ている状態で、低周波の「はり通電」によって全身の交感神経の緊張を
 解きます。

5、脳血流量及び神経伝達物質の改善
手・足の末端に低周波の「はり通電」によって、脳血流量が増加します。脳の血流に
問題がある病気の改善します。また、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンな
どの神経伝達物質を促すことができます。